保湿にはセラミド

人間の皮膚の一番外側には角質層があります角質層は乾燥に対する重要な役割を担っているのですいわゆるバリアのような役割ですもともと人間の体には自分の体を保護する機能が備わっています皮膚の一番外側にあるバリアはその1つなのです強いバリア膜ができていれば肌の表面から水分も蒸発しづらくなりますところが人によってはそのバリア膜が若干弱くなっているのです新陳代謝があまり活発でない時などはバリア膜が弱体化してしまう事があります

それは肌にはあまり良くありませんこのため美容の商品によってはセラミドという成分が含まれていますセラミドは肌の保湿性を高めてくれる効果があるのです現に皮膚のセラミド量が若干少ないとバリア膜は弱くなってしまいますしセラミドが含まれている製品は有効なのですところでセラミドが含まれる美容製品を選ぶ時はあまり濃度にこだわる必要はありません美容の業者によってはたまにセラミドが高濃度であると宣伝していることがありますがかえって逆効果になってしまう傾向がありますそもそもセラミドという成分は濃度が高ければ良い訳ではありません確かにセラミドがすぎるのは問題ですが一定以上の濃度になってしまうとかえって肌に対する負担が大きくなってしまうのです

それより大切なのはセラミドのタイプですそもそもセラミドといっても色々な種類がありますバイオセラミドや合成セラミドや天然など色々あるのですが基本的にはバイオもしくは天然のセラミドが望ましいです適切なセラミドが使われているかどうかはよく確認する方が良いでしょうただ適切なセラミドが使われている製品でも肌との相性はあまり良くないケースもあります化粧の製品によってはセラミド以外の成分も含まれているからです化粧品を買う前にまずはパッチテストを行って慎重に選ぶと良いでしょう